小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ベン&ジェリーズ/「日本事業撤退」3月納品分でカップアイス終売

経営/2019年12月12日

ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティングは12月12日、アメリカのプレミアムアイスクリーム「BEN&JERRY’S」(ベン&ジェリーズ)の日本事業から撤退することを明らかにした。

<ベン&ジェリーズ豊洲店>
ベン&ジェリーズ豊洲店

2020年1月13日に、唯一の店舗である「ららぽーと豊洲店」を閉店。2020年3月納品分をもって、ミニカップアイスの販売も終了する。

ベン&ジェリーズは、1978年アメリカ・バーモント州で生まれたプレミアムアイスクリームショップ。

日本国内では、ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティングが販売総代理店となり、2012年4月に日本1号店を表参道ヒルズにオープンした。

2012年12月1日には、吉祥地の商業施設「コピス吉祥寺店」を開店。20013年1月にららぽーと豊洲のフードコートに3号店で初のフードコート店舗「ららぽーと豊洲店」を出店していた。

店舗事業のほか、ミニカップアイスクリーム120mlを卸売事業として販売。2016年3月からは、関東エリアのほか、関西エリアに卸売事業を拡大していた。

年に1回実施する「フリーコーンデー」では、3店舗で1万人をこえるお客に終日、アイスクリームを無料配布することが話題となっていた。

一方で、2016年6月に「コピス吉祥寺店」を閉店、2017年12月31日に「表参道ヒルズ店」を閉店していた。

ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティングは、「ベン&ジェリーズの商品は、海外からの輸入で対応していたが、日本事業の展開にあたり国内製造を検討していた。一方で、米国本社の基準に見合う原材料の調達の目途がたたず、今回の事業終了を決定した」と述べている。

■ベン&ジェリーズ
https://www.benjerry.jp/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧