小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

キリン/日本橋兜町に体験型「ブルックリン・ブルワリー」世界初旗艦店

キリンビールは2月1日、日本橋兜町に米国クラフトビールのパイオニア「ブルックリン・ブルワリー」の世界初旗艦店「B(ビー)」をオープンする。1月27日マスコミ向け内覧会を開催した。

<「ブルックリン・ブルワリー」の世界初旗艦店>
「ブルックリン・ブルワリー」の世界初旗艦店

「ブルックリン・ブルワリー」のフラッグシップ店は、世界初出店となる。日本橋兜町の再開発プロジェクトであるマイクロ複合施設「K5」に、クラフトビールの販売に止まらないブランド体験の場を創出。「ブルックリン・ブルワリー」の世界観、価値観を発信していく。

<DJイベントなどコンテンツを発信>
DJイベントなどコンテンツを発信

ブルックリン・ブルワリー・ジャパンは、「NYでブルックリン・ブルワリーが、一時期荒れていたブルックリンの街を再生した力になったように、Bは新しく兜町を活気づけるコミュニティを目指したい。個性豊かなビール、多様性を包むイメージのタコス、イベントなどのコンテンツを提供する」。

「多様な人が集まり、コミュニティが生まれ、飲用シーンが生まれる場所として、店名の『B』は、Brooklyn、Beer、Basement、Brand、Ba(場)などの意味を込めた」としている。

「ブルックリンラガー」(レギュラー税別740円、パイント880円)、「ブルックリンディフェンダーIPA」など「ブルックリン・ブルワリー」ブランドの基幹商品、ブルーボトルコーヒーとコラボした「インテンンシファイド コーヒーポーター」(4500円)など同店でしか飲めない直輸入ビール(店舗限定約20種類)、オリジナルビアカクテルなど多種多様なビールがそろう。

食事は「タコス」をメインとし、馬喰町の「北出食堂」が監修した約10種のタコスを提供(1個350~400円)。フライドポテト(800円)なども用意した(価格は予定)。平均客単価は3000~3500円と設定した。

<ブルーボトルとのコラボ商品>
ブルーボトルとのコラボ商品

また、米国ブルックリン・ブルワリー社から直輸入するバラエティー商品、オリジナルグッズを販売する。

<オリジナルグッズを販売>
オリジナルグッズを販売

カウンターは、多様性、コミュニティをイメージし、6000個の木のパーツを組み合わせて作成した。

<6000個の木のパーツを組み合わせたカウンター>
6000個の木のパーツを組み合わせたカウンター

キリンビールは、1月8日発表した2020年の事業方針でクラフトビール事業へ注力することを明らかにした。2020年以前のクラフトビールを普及させる活動から、今年は「ブルックリン・ブルワリー」という世界的人気ブランドの旗艦店を仕掛けることで、魅力的なビールとコンテンツを提供、ビール離れの進む若年層獲得を目指す。

<「K5」地下1階にオープン(中山誠弥氏の壁画)>
マイクロ複合施設「K5」の地下1階にオープン

2月のオープン時のコンテンツとして、NY在住のアーティスト中山誠弥氏の壁画を展開。今後も、ブルックリンの感性と創造性、「B」のユニークさを感じられる作品を紹介していく。

<「K5」は旧第一銀行をリノベーションした>
「K5」は旧第一銀行をリノベーションした

■「B(ビー)」
場所:東京都中央区日本橋兜町3-5「K5」地下1階
営業時間:16時~23時
定休日:年中無休(変更の可能性あり)
席数:120席
http://www.brooklynbrewery.jp/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧