小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ローソン/「レジなし店」実証実験を川崎市で開始

店舗/2020年02月18日

ローソンは2月26日~5月25日、川崎市幸区の富士通テクノロジースクエアにおいて「富士通新川崎TSレジレス店」をオープンし、デジタル技術を活用し、レジを通らずに買い物ができる「レジなし店」の実証実験を行う。

<富士通新川崎TS レジレス店>
富士通新川崎TS レジレス店

同店で実験するのは、専用アプリに表示されたQRコードを店頭にある端末にかざして入店し、購入したい商品を手にもって店外へ出ると、事前に登録した決済手段(クレジットカード)で自動的に決済できるサービス。システム・店舗オペレーション・防犯・物流面の課題、売上の推移、利用者の声などを検証する。

<カメラで顧客の動きを確認>
カメラで顧客の動きを確認

実験店は、富士通テクノロジースクエアに勤務する富士通写真約3000人の利用を想定している。今回の実験を結果を踏まえ、今夏には新たな店舗で一般客も利用することを検討する。

<棚のセンサーとカメラで判別>
棚のセンサー

人手不足の問題は小売業にとって重要な課題。今回の実験店舗では、店舗従業員は弁当やおにぎり、ドリンクなど商品の品出し作業を行うが、レジ業務は実施しない。店内に設置されたカメラで顧客の動きを確認し、商品が置かれた棚のセンサーと合わせることで、どの商品をいくつ手にとったのかを判別し、店舗を出ると自動的に決済される仕組みとなっている。

<店内イメージ>
店内イメージ

今回の取組みでは、レジに並ばずにウォークスルーで簡単に買い物ができ、レジを介さない新しい買物体験が可能。店舗にとっては、レジ対応の省人化による生産性向上やピーク時間帯の機会ロスの削減につながるという。

取扱商品・サービスは、米飯、デザート、飲料を中心に約250アイテム。酒、たばこ、フライドフーズ、冷凍食品・アイス、雑誌・書籍、ATM、各種収納代行、Loppi、ゆうパックなどのサービスは取扱わない。

レジなし店舗システムは、米国VCOGNITION TECHNOLOGIES, INC の提供するシステム「Zippin」を採用。自動決済に必要なカメラ・棚センサーなどの機器と、来店客、商品を認識するためのAI機能、決済、在庫管理との連携機能をまとめた統合システムとなっている。

入店・決済アプリは、ローソンの戦略子会社のローソンデジタルイノベーションが開発した「ローソン・ゴー」を利用している。

また、今後富士通の提供する「マルチ生体認証」を3月16日から利用開始。富士通研究所が開発した手のひら静脈と顔情報で本人を特定する技術で、入店時および決済時に使用する。

■ローソン富士通新川崎TS レジレス店
住所:神奈川県川崎市幸区新小倉1-1
営業時間:9時~17時(土日祝日休業)
※オープン初週(2月26日~28日)は14時~3時間の営業を予定
店舗面積:23.2m2

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧