メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ファミリーマート/遠隔操作ロボが店内作業、2020年まで20店導入目指す

2020年08月26日店舗

ファミリーマートは8月26日、遠隔操作ロボット技術を核とした、新たな店舗オペレーション基盤の構築を目的に、Telexistence(以下:TX)製ロボット「Model-T」「Augmented Workforce Platform(拡張労働基盤、以下AWP)」を東京都豊島区の店舗に試験導入したと発表した。

<遠隔操作ロボが店内作業>
遠隔操作ロボが店内作業

TX虎ノ門オフィスから遠隔操作にて、操縦者がVR(仮想現実)端末を使用し、ファミリーマートとしまエコミューゼタウン店(東京都豊島区)に設置したロボットの操作を行うもの。

両社は、「Model-T」「AWP」を活用し、工数が大きい商品検品・陳列業務を遠隔操作化・自動化することで、店舗の省人化や物理的な店舗立地に制約されない自由度の高いスタッフ採用が可能な、ロボティクスを軸にした全く新しい店舗オペレーション基盤開発を目指す。

第1段階として、店舗のバックヤードの飲料売場にて、比較的業務量の多いペットボトル飲料の陳列から、遠隔操作による業務を開始し、ロボットによる陳列速度・精度を検証する。

<Model-T>
Model-T

また、今後は、おにぎり・サンドイッチ・弁当など作業対象の商品を随時拡大しながら、2022年までには、最大20店舗への導入を目標としている。多店舗展開が可能な取り組みについては、ファミリーマート全店への順次導入を拡大することも検討していく。

ファミリーマートはTXの「Model-T」導入により、遠隔地から一人で複数店舗の作業が可能となることで、人手不足の軽減とロボットを通じた新たな働く機会の創出につなげたい考えだ。

TXは、ロボットを変え、構造を変え、世界を変える、をミッションとし、遠隔操作・人工知能ロボットの開発およびそれらを使用し事業を展開するロボティクス企業。遠隔操作ロボットと「AWP」という、ロボットを通じて人々が労働参加できる基盤を開発している。「AWP」を支えるクラウドシステムには、米Microsoft社のAzureを採用している。

■(動画)遠隔操作ロボット「Model-T」の試験運用
https://www.family.co.jp/company/news_releases/2020/200826_news_release_video.html

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月25日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方