メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ファミリーマート/バックヤードの飲料陳列業務をAIシステムとロボットで自動化

2021年11月02日IT・システム

ファミリーマートとTelexistenceは11月2日、TXの独自AIシステム「Gordon」を搭載した新型ロボット「TX SCARA」を「ファミリーマート経済産業省店」(東京都千代田区)に導入したと発表した。

<TXの独自AIシステム「Gordon」を搭載した新型ロボット>
20211102fami1 728x455 - ファミリーマート/バックヤードの飲料陳列業務をAIシステムとロボットで自動化

「TX SCARA」は、CVSバックヤードでの飲料陳列にロボットの関節軸構成、リンク長などを最適化したロボット。既存店舗のバックヤード環境を変更せずに導入可能なハードウエアを実現する。店舗従業員の作業負荷の大きいバックヤード内での飲料補充業務を24時間行う。

<バックヤード内での飲料補充業務を24時間行う>
20211102fami2 728x455 - ファミリーマート/バックヤードの飲料陳列業務をAIシステムとロボットで自動化

バックヤードの狭いスペースで稼働可能な水平多関節型のロボットで、通常時は「Gordon」が自動制御。「Gordon」は、TX独自のAIシステムで、冷蔵ケースの商品充足状況 (Shelf Scanning Module)、陳列すべき飲料の把持点などを認識し、把持から陳列までのエンドエフェクタの経路計画生成を実施する。

陳列失敗時にはTelexistence(遠隔操作)モードへ移行し、インターネットを通じて人が遠隔から直接的、直感的にロボットを制御し迅速に復旧を行うことが可能だという。

「Gordon」は、店舗の過去の販売実績データを学習することで、時間帯や季節により変化する商品の売れ筋に合わせ、「TX SCARA」による陳列タイミングを最適化する。こうしたロボティクス・AI技術の活用により、一日約1000本行われている飲料陳列業務を、店舗従業員に代わり24時間担う。一方、店舗従業員は売場を離れることなく、接客業務など、より付加価値の高い業務に取り組むことができる。
 
今回の取り組みにより、作業工数が大きく、人間への負担も重い商品陳列業務を自動化・遠隔化することで、生産性の向上や非接触化、顧客利便性向上を加速する。ファミリーマートが2019年11月より参画する経済産業省における「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」の一環でもあり、ロボットを活用した店舗の省人化や新しい店舗オペレーション基盤の構築を目指す。 

■ファミリーマート経済産業省店
住所:東京都千代田区霞が関1-3-1 経済産業省庁舎内
営業時間:7時~24時
店舗面積:約146m2

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年12月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方