メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

小田急/海老名駅間に「ウェルネス」コンセプトの新施設

2020年10月22日店舗

小田急電鉄は10月22日、小田急線とJR相模線の海老名駅間に広がる開発エリア「ViNA GARDENS」内で建設中の、地上10階建て「(仮称)サービス棟」の建物概要と6~10階の上層フロアの構成、コンセプト「ウェルネス」にあわせたまちづくりの推進体制を決定した。

<施設外観イメージ>
施設外観イメージ

施設の開業は2022年度上期を予定している。施設は「ViNA GARDENS」の開発理念である「憩う・くらす・育む」を具現化するサービスの集積を図るもので、「ウェルネス」をコンセプトに、フィットネスや健診、クリニックの機能を有する複合施設となる。

8~10階はルネサンス、7階はジャパンメディカルアライアンス、6階はメディカルガーデンが、それぞれ大規模フロアを活用した特徴ある構成で出店する。

3~5階の詳細は決定後に公表する。1~2階は、駐車場、荷捌き駐車場、駐輪場、防災センターとなる予定だ。

<フロア構成>
フロア構成

さらに、「ViNA GARDENS」を中心とした健康増進、さらには海老名市域全体の活性化を目的に、同日、出店する3者と海老名市、小田急電鉄で、5者包括連携協定「健康増進事業等に係る連携と協力に関する協定」を締結した。今後、「ウェルネス」をキーワードとした連携施策の実現に向けた検討を進める。

■(仮称)サービス棟
所在地:神奈川県海老名市めぐみ町512番4号(地番)
スケジュール:2020年2月27日着工、2022年度上期開業(予定)
コンセプト:ウェルネス
構成:8~10階フィットネス(ルネサンス)
7階メディカルセンター(ジャパンメディカルアライアンス)
6階クリニックモール(メディカルガーデン)
3~5階の詳細は決定後に発表
1~2階駐車場、荷捌き駐車場、駐輪場、防災センター
構造・規模:鉄筋コンクリート造、地上10階建て
建築面積:約3200m2
延床面積:約2万6200m2
賃貸面積:約1万4000m2(3~10階)
事業主:小田急電鉄
設計・施工:大成建設

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月03日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方