流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





タリーズ/倉敷美観地区に新店舗、伝統的建物群保存地区に初出店

2021年03月04日 13:40 / 店舗

タリーズコーヒージャパンは3月19日、岡山県倉敷市美観地区に「タリーズコーヒー 倉敷美観地区店」をオープンする。

<タリーズコーヒー 倉敷美観地区店>
タリーズコーヒー 倉敷美観地区店

昔ながらの風情ある街並みが残り、観光名所として全国的に知られる「倉敷美観地区」のデニムストリートの高砂橋付近に位置する。白壁の蔵屋敷、なまこ壁、柳並木の風景などが、歴史を感じさせる「倉敷美観地区」の伝統ある景観に敬意を表し、二階建ての木造建築の外観はそのままに、店内は、品と威厳をあわせ持つ「禅寺」をモチーフに仕上げたという。

タリーズコーヒーでは、伝統的建造物群保存地区への出店は今回初めてとなる。

美観を大切にしながら、建物を保存しつつも内装に工夫を凝らし、地域に寄り添ったコミュニティーカフェとして、こだわりのコーヒーとくつろぎのひと時を提供する。

■タリーズコーヒー倉敷美観地区店
所在地:岡山県倉敷市中央1-10-3
TEL:086-423-6623
営業時間:全日10時~18時(ラストオーダー17時30分)
店舗面積:約92.56m2
席数:36席

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧