メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

阪急オアシス/日常と非日常の融合型店舗「神戸三宮店」オープン

2021年04月16日店舗

関連キーワード:

阪急オアシスは4月26日、神戸市中央区に「阪急オアシス神戸三宮店」をオープンする。

<阪急オアシス神戸三宮店>
20210416hankyu - 阪急オアシス/日常と非日常の融合型店舗「神戸三宮店」オープン

同日開業する「神戸三宮阪急ビル」内の商業施設「EKIZO(エキゾ)神戸三宮」の核店舗として出店。地下1階は兵庫エリア初出店のフードマーケット「キッチン&マーケット」を、地下2階は都市型食品スーパーとして「阪急OASIS」が登場し、「阪急オアシス(日常)とキッチン&マーケット(非日常)の融合型店舗」となる。年商目標は22億円。

「阪急オアシス」は、「おいしいと新しいがそろう」をコンセプトに、生活動線上にある、「アップデートな日常」を実現可能にする便利な都市型スーパーマーケットとして展開する。

「キッチン&マーケット」は、「買う、食べる、つながる」をコンセプトに、「非日常のフードマーケット」として、専門店のこだわりが詰まった料理をテイクアウトやイートインで提供するという。

また、1月28日に神戸市と締結した「地域促進等にかかる連携協力に関する協定」の一環として、飲食店開業を目指す料理人支援のために店内の1区画を用意。第1回(4月26日~7月31日)の出店者は中塚元秋さん。提供料理はパスカード(フランス・オーベルニュ地方の郷土料理)とフレンチデリとなる。

さらに、エントランスゾーンの壁面空間を神戸在住のアーティストの作品発表の場として提供する。第1回(4月26日~7月30日)の出展は神戸で長年にわたり、障害のある人のアート活動に取り組む「片山工房」(神戸市長田区)に所属する作家5人による大型作品が登場予定だ。

■阪急オアシス神戸三宮店
所在地:神戸市中央区加納町4-2-1
TEL:078-332-3017
売場面積:1464m2
営業時間:【地下1階】10時~23時※販売終了は22時
【地下2階】10時~22時※一部売場のみ8時から営業、ただし4月27日から
駐車場:提携駐車場のみ
休日:1月1日
年商目標:約22億円
従業員数:社員22人、パート・アルバイト105人、合計127人

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年05月13日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方