メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ダイエー/東京都稲城市に「イオンフードスタイル稲城長沼店」出店

2021年07月27日店舗

ダイエーは7月30日、東京都稲城市に「イオンフードスタイル稲城長沼店」をオープンする。JR武線「稲城長沼駅」から徒歩1分の高架下に位置しており、周辺には3人・4人世帯の子育て世代が多いことが特徴となっている。

<イオンフードスタイル稲城長沼店>
20210727inagi 728x321 - ダイエー/東京都稲城市に「イオンフードスタイル稲城長沼店」出店

「簡便・時短」「ヘルス&ウエルネス」「安全・安心」をキーワードとした商品・サービスを充実させ、「デジタル」も積極的に活用することでお客のニーズに応えた品ぞろえと売場づくりを進める。

「お客に寄り添う普段使いのスーパー」として、同駅の北側で40年以上にわたり地域の人々が利用している「グルメシティ稲城店」とともに、地域の日々の暮らしを支える店舗を目指す。

店舗では、健康的な暮らしを支える「ヘルス&ウエルネス」商品を充実させた。低脂質・高たんぱくなうえ、食物繊維や鉄分が豊富なことから人気が高まっている「大豆ミート」商品を充実。惣菜売場では「大豆ミート」を使用したキーマカレーやビビンバ丼などを販売する。

化学合成農薬や化学肥料を使用せず育てたオーガニックの野菜やワインをそれぞれコーナー展開。畜産売場ではオーガニックビーフを鮮度長持ちの「真空スキンパック包装」で展開する。「ディーズベーカリー」では、糖質を70%カットした生地を使用した「低糖質ロール」や「低糖質ブレッド」などを品ぞろえする。

また、抗ウイルス・抗菌とデジタルの取り組みで「安全・安心」「便利」な店づくりをする。紫外線の照射により、30秒で50個の買い物カゴの殺菌が可能な自動殺菌機を設置する。店内とバックヤードの天井には抗菌・防カビ剤を塗装し、什器、冷凍食品などのリーチインケースのハンドル・ガラス扉、レジのサッカー台などは、噴霧するだけで抗ウイルス・抗菌が施工できる空気触媒でコーティングした。

売場の換気は外気処理空調機により生外気の流入を制御、またデシカント除湿の採用により、結露しやすい場所の除湿を行うことで店内の空気環境を一定に保ち結露やカビを防止する。

さらに、店内の空調にチタンアパタイトフィルターを設置し、菌・ウイルスなどの有機物を吸着、抑制。商品陳列台の一部(飲料コーナー)には、深紫外線(UVーC)を照射して殺菌できるLED照明を設置。オートセンサーにより、お客不在時に自動的に殺菌を実施する。

■イオンフードスタイル稲城長沼店
所在地:東京都稲城市大丸195ー1
売場面積:961.98m2
営業時間:7時~23時

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年09月21日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方