メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

あちてらす倉敷/商業・ホテル・マンション・医療複合施設をオープン

2021年10月22日店舗

関連キーワード:

倉敷市阿知3丁目東地区市街地再開発組合は10月22日、「あちてらす倉敷」をグランドオープンしたと発表した。

<あちてらす倉敷>
20211022kurasiki2 - あちてらす倉敷/商業・ホテル・マンション・医療複合施設をオープン

「あちてらす倉敷」は、同組合が、旭化成不動産レジデンス、NIPPOを参加組合員として推進してきた倉敷市阿知3丁目東地区第一種市街地再開発事業。10月10日、施設建築物新築工事や道路・公共空地整備工事を完了し、グランドオープンしたもの。倉敷市中心市街地活性化基本計画に位置付けられており、都心部にふさわしい高度、多様化した商業機能の集積、定住人口増加に寄与する都市型住宅の配置、地域に開かれた公共施設の整備により、JR倉敷駅周辺の中心市街地活性化につながるにぎわいを形成。倉敷市の玄関口にふさわしい街づくりを行うことを目的としている。

また、倉敷市が所有する公共空地と再開発ビルの民有地を官民境界にとらわれずに一体的に整備することで、オープンカフェ、イベント開催などに活用可能なオープンスペースを創出している。1街区は、「ホテル グラン・ココエ倉敷」を中心に商業・業務施設を、2街区は、分譲マンション「アトラス倉敷ル・サンク」を中心に、商業、医療施設、市営駐車場などで構成している。

地元のレストラン・カフェ、瀬戸大橋のたもとに位置する国産ジーンズ発祥の町「児島」に生産拠点を置くジーンズショップなどが出店し、駅南口の新たなにぎわい、観光の拠点となることを期待しているという。

<周辺地図>
20211022kura1 - あちてらす倉敷/商業・ホテル・マンション・医療複合施設をオープン

■倉敷市阿知3丁目東地区第一種市街地再開発事業
施行者:倉敷市阿知3丁目東地区市街地再開発組合
1街区
延床面積:1万837.46m2
建築面積:2880.49m2
用途:住宅、商業施設、宿泊施設
構造・規模:鉄骨造、鉄筋コンクリート造地上7階建
備考:住宅戸数6戸、宿泊施設客室数152室
施設用駐輪台数:171台

2街区
延床面積:2万9233.70m2
建築面積:5,422.11m2
用途:住宅、商業施設、駐車場
構造・規模:鉄骨コンクリート造、鉄骨造地上10階建
備考:住宅戸数171戸
駐車台数:370台(住宅用177台、市営193台)
駐輪台数:463台(住宅用278台、市営185台)
施設用駐輪台数:171台

■事業推進体制
参加組合員:旭化成不動産レジデンス・NIPPO
特定業務代行者:藤木工務店
建築設計:藤木工務店・RIA共同企業体
事業推進コンサルタント:アール・アイ・エー

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年11月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方