メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ワタミ/すし事業に参入「すしの和」錦糸町南口にオープン

2021年12月08日店舗

関連キーワード:

ワタミは、外食事業における新ブランドとして、寿司と大山どりのお店「すしの和」を展開する。「すしの和」はウィズコロナ時代の外食ニーズに対応した目的来店業態と位置付けており、居酒屋からの業態転換を進める。1号店は12月9日、東京都江東区に「すしの和」錦糸町南口駅前店をオープンする。

<すしの和>
20211208watami1 728x725 - ワタミ/すし事業に参入「すしの和」錦糸町南口にオープン

ワタミでは、「ミライザカ」「鳥メロ」といった居酒屋業態を展開する一方で、ウィズコロナを意識した業態戦略を推進してきた。「焼肉の和民」「かみむら牧場」といった目的来店を意識した焼肉業態を基幹事業の一つと位置付けるとともに、から揚げ専門店「から揚げの天才」やフライドチキン店「bb.qオリーブチキンカフェ」といったテイクアウトニーズにこたえる業態を積極的に展開してきた。コロナ禍における外食ニーズはより目的来店化が進んでいることをふまえて、創業以来初めてとなる寿司事業への参入を決め、「すしの和」の展開を開始する。

<握り寿司>
20211208watami2 728x485 - ワタミ/すし事業に参入「すしの和」錦糸町南口にオープン

商品面の柱である寿司は大手水産会社と連携した仕入力をいかすことで、握り寿司を一貫88円(税込96円)からという価格設定にした。握り寿司は、定番のものだけでなく、看板商品の本鮪、季節の魚介を使用したものなどを提供する。寿司は一貫ずつ注文できるほか、値ごろ感のある盛り合わせメニューも用意した。

<焼き鳥>
20211208watami3 728x485 - ワタミ/すし事業に参入「すしの和」錦糸町南口にオープン

焼き鳥は1本88円(税込96円)からという手ごろなメニューとともに、銘柄鶏「大山(だいせん)どり」を使用したメニューもそろえた。「大山どり」は鳥取県の大山山麓で育った銘柄鶏で、飼料の管理から農場での飼育、食肉加工までを一貫して生産されていることが大きな特徴。「すしの和」では、「大山どり」の生産者から直接仕入れを実現した。このほか、居酒屋のDNAによる豊富なメニューを提供し、食事とともに団らんを楽しめるメニューをそろえた。特に、海鮮を楽しめる鍋料理としてちゃんこ鍋を提案する。

また、WEB上では「すし善」ブランドでデリバリー寿司を展開。寿司はイートインだけでなく、家族や友人の集い、祝いごとなど大切な時間を過ごす家庭で楽しめるようにデリバリーサービスを実施する。ハレの場に本格的な寿司を「安心する自宅で」楽しんでもらいたいと考えて、デリバリーは「すしの和」とブランド名を分けて展開し、WEB上で「すし善」として展開する。「すし善」は横浜・関内で創業70年を数える人気店で、商品の監修を務めることで最高級の厳選した魚種を導入する。

■「すしの和」錦糸町南口駅前店
所在地:東京都墨田区江東橋3丁目12−8 O・T・K2階
客席数:113席
店舗面積:226.7m2
営業時間:平日・土曜16時~1時、日曜・祝日16時~0時

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年01月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方