メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

東急/沿線でオープン型ラストワンマイル配送プラットフォーム開始

2022年01月17日店舗

関連キーワード:

東急は1月17日、東急線沿線で、新しいラストワンマイル配送の仕組み「オープン型ラストワンマイル配送プラットフォーム」を開始すると発表した。

物流不動産の所有・運営・開発のリーディング・グローバル企業であるプロロジス(日本本社)、共同配送管理システムと物流サービスを提供するウィルポートと協業し、「オープン型ラストワンマイル配送プラットフォーム」を構築し、東急線沿線エリアにおいて2月1日から本運用を開始する。

<オープン型ラストワンマイル配送プラットフォームのイメージ>

「オープン型ラストワンマイル配送プラットフォーム」とは、ラストワンマイル配送の需要拡大に対して、配送の担い手が不足している問題を解決する取り組みで、ラストワンマイル拠点の整備・運営ノウハウの提供をプロロジスが行い、ウィルポートが開発・提供するTMSを利用し、配送拠点は、東急の既存拠点を活用するほか、「東急ベル」のベルキャストが配送を担うという一連のサービスをパッケージ化するもの。

近年、ECの急伸とともに、物流業界全体でのドライバー不足、ドライバーの長時間労働が社会問題化しており、コロナ禍以降は、その傾向がより一層顕著となっている。また、トラックドライバーの時間外労働への上限規制が厳格化する「2024年問題」を見据え物流工程の見直しが行われる一方で、配送の担い手不足によるさらなる配送遅延や配送コスト増大も危惧されている。

サービスで利用するTMSは、ドライバーの空き状況確認や配車に加えて、ドライバーの技能、研修履歴、車両整備状況などを一元管理するクラウドシステムで、各ドライバーの配送状況をリアルタイムに把握し、配送技術を評価(配送品質の見える化)することで、適切かつタイムリーな配車と、配送品質の向上が可能となっている。同システムを活用し、将来的には「個宅向け配送混載モデル」によって、ラストワンマイル圏における配送効率の向上を目指す。

また、ベルキャストは交通安全教育の徹底や高品質な接客研修など東急ベル独自の研修を受講し、認定を受けた者だけが業務に従事している。荷物を届ける機会を、お客と玄関先で直接コミュニケーションが図れる重要な場面と捉え、確実に荷物を届けるほか、お客からの問合せ・要望を受けることで、「次もまた東急を」と感じてもらえるよう丁寧な接客に取り組んでいる。

東急は、商品購入のチャネルの多様化、特にECの拡大に応じて、配送機能を強化するとともに、荷主企業の意向に応じた返品、試着など、多角的な配送付帯サービスを提供することで、東急線沿線の生活環境のさらなる向上を図る。

今後、東急線沿線エリアでの実運用をモデルケースに、各地域の配送プロバイダと連携しサービスを全国へ拡大する予定だ。3社は、協業することで、物流業界全体が抱えるドライバー不足などの課題を解決し、地域での効率的な配送網の確立を目指す。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年05月20日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方