メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

東京駅/八重洲北口(改札外)飲食店街「グランスタ八重北」4月27日開業

2022年02月28日店舗

関連キーワード:

JR東日本クロスステーション デベロップメントカンパニーは4月27日、東京駅構内八重洲北口の改札外の飲食店街「グラングルメ」を一新し「グランスタ八重北」としてリニューアルオープンする。

<店舗イメージ>
店舗イメージ

「グラングルメ」は開業から17年を迎え、現在の食トレンドに対応し、将来的により多くのお客に喜ばれる施設となるべく、地下1階「黒塀横丁」、1階「八重北食堂」、2階「北町酒場」の3つのフロアからなる新たな施設「グランスタ八重北(ヤエキタ)」として生まれ変わる。

「グランスタ八重北」は4月27日、第1期として13店が開店する。以降7月下旬にかけて順次23店(予定)の計36店が新しくオープンし、現在営業中の2階「北町酒場」などの9店を合わせて、全45店が集まる東京駅の一大飲食店街となる。

今回、気の利いたお店が揃い、落ち着きとオトナの賑わいを併せ持つ「黒塀横丁」と、木をベースにした温かみのある内装でホッと一息つくことができ、オンもオフも気軽に立ち寄りやすい「八重北食堂」の2つのフロアをリニューアルする。また、江戸時代の北町奉行所(現代の裁判所+警察等)跡地に隣接するエンターテインメントグルメスポット「北町酒場」は、名称のみのリニューアルで、現在営業中のフロアとなる。

2つのフロアがリニューアルし、3つのフロアで「グランスタ八重北」として生まれ変わることで、新たな発見に出会えるようなバラエティ豊かなラインナップが揃い、ワクワクを感じられる施設として楽しめる。

<位置図>
位置図

地下1階「黒塀横丁」は、シックな佇まいの中にオトナの賑わいがあふれるフロア。毎日通いたくなるちょっと一杯から、まわりに自慢したくなるような本物志向の料理店まで、行きつけにしたくなる店を集めた。第一弾では7店(東京駅初4店、再出店3店)、第二弾では7店(東京駅初7店)がオープンし、全14店となる。グランスタ初出店となる「Noodle House Laundry」、東京駅初出店となる「うなぎ四代目菊川」などが出店する。

1階「八重北食堂」は、忙しい日々の中で、オンもオフも自然体で自分らしく楽しめる食堂のようなフロア。一人でも居心地よく過ごせる飲食店や心身をリフレッシュできるカフェ、バルなどが揃う。第一弾では7店(東京駅初2店、再出店5店)、第二弾では15店(東京駅初12店、再出店3店)がオープンし、営業中の2店と合わせて24店となる。「グランスタ」×「dancyu」の初コラボ店舗「dancyu食堂」、東京駅初出店となる「ビストロ石川亭」、再出店となる「果実園リーベル」を誘致した。

■グランスタ八重北
施設名称:グランスタ八重北
(地下1階「黒塀横丁」/1階「八重北食堂」 」/2階「北町酒場」)
所在地:東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内 八重洲北口 地下1階・1階・2階※改札外
開業日:第一弾 2022年4月27日/第二弾 7月下旬予定
店数:黒塀横丁第一弾7店(4月27日に6店、5月末に1店)/第二弾7店
八重北食堂第一弾7店/第二弾15店(※営業中2店)
北町酒場営業中7店(※名称変更のみのリニューアル)
売場面積:約4400m2
(地下1階 約1200m2/1階約2000m2/2階約1200m2)
旧施設名称:グラングルメ
(地下1階黒塀横丁/1階キッチンストリート/2階北町ダイニング)

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月06日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方