メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

首都圏の商業施設集客力ランキング/2位伊勢丹新宿店、3位渋谷ヒカリエ

2022年06月06日店舗

関連キーワード:

日経リサーチは6月6日、各施設の利用率に着目して作成した商業施設の集客力ランキングにおいて、「西武池袋本店」が2020年秋の調査以降、4期連続の首位となったと発表した。

同社は、東京都とその近郊の商業施設の利用実態を調査した「商圏センサス」首都圏版の最新データの提供を開始。首都圏約14000人の居住者を対象とした、商業施設の利用状況や属性に関する調査結果のデータベースで、調査は春と秋の年2回行っている。最新の2022年春の調査は、1都3県の商業施設約700カ所(一部圏外の大型アウトレットを含む)を対象に実施した。

同調査によると、ランキング2位は「伊勢丹 新宿店」、3位は「渋谷ヒカリエ」で、2021年春調査と順位に変動はなかった。

4位以下は、4位「京王百貨店 新宿店」、5位「小田急百貨店 新宿店」、6位「東武百貨店 池袋店」、7位「池袋サンシャインシティ(アルタ、アルパ)」、8位「御殿場プレミアムアウトレット」、9位「そごう 横浜店」、10位「ルミネ新宿」となっている。

<ランキングトップ10>
ランキングトップ10

10位内では3施設が入れ替わった。上昇組のうち2施設は4位「京王百貨店 新宿店」と10位「ルミネ新宿」で、これにより、新宿エリアの商業施設は合計4カ所になった。「そごう 横浜店」が13位から9位にランクアップした。

また、利用者を分析すると、「京王百貨店 新宿店」は2021年春より女性20代以下が大幅に増加し、利用目的では「化粧品の買い物」が増えた。一方、「ルミネ新宿」は2021年春と比べ、10km圏内の近距離からの来店が減少し、立川市・八王子市など10km圏外からの来店が増加した。利用目的では「婦人服衣服の買い物」が大きく伸びている。

同社は「感染状況が落ち着いたことで社員を出社させる企業も多く、消費者の外出意欲も盛り返しており、これらが化粧品や衣料品の購買を後押ししている」とみている。

2021年春は、巣ごもりによる家電やテレワーク用品などの需要から9位に「ヨドバシAkibaビル」が入ったほか、感染不安からか都心よりも居住エリアに近い施設を選ぶ傾向もみられ、10位に「ラゾーナ川崎プラザ」が入っていた。

2022年春はこの両施設のほか、6位だった「銀座三越」もトップ10外に去り、銀座・有楽町・日比谷エリアの施設が姿を消した。同エリアや近隣の日本橋では11位以下の施設も軒並み順位を落としている。同社は「ターミナル駅の周辺施設は客足が戻っている一方、電車を乗り継いで訪れる人が多い超都心エリアは回復が遅れている」と分析している。

■「商圏センサス」首都圏版
https://www.nikkei-r.co.jp/service/lifestyle/census/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月05日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方