流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ゆめタウン丸亀/300円ショップ「Standard Products」オープン

2022年08月18日 13:15 / 店舗

イズミは8月23日、香川県丸亀市の商業施設「ゆめタウン丸亀」に四国地方初出店となる大創産業が運営する300円ショップ「Standard Products」をオープンする。また、300円ショップ「THREEPPY」も同時に出店する。

<Standard Productsのイメージ>
Standard Productsのイメージ

「Standard Products」は、良質で心地よい商品やサステナビリティと環境問題を意識した商品の提供を目指すブランド。2021年3月に東京都渋谷マークシティに1号店がオープンし、ゆめタウン丸亀店は国内外で12店舗目となる。

ゆめタウン丸亀のおすすめは、愛知県瀬戸市で作る瀬戸焼の豆皿。一枚一枚手作業で釉薬(ゆうやく)を施すため模様がそれぞれ違うのも一つの楽しみ方となっている。そのほか、東京都檜原村の間伐材を使用したヒノキの香り豊かなアロマブロックも人気商品だという。商品数は約2000アイテムを取り揃え、今後も「ちょっといいのが、ずっといい」商品を提供し続ける。

<THREEPPYのイメージ>
THREEPPYのイメージ

「THREEPPY」は「あいらしい。そして私らしい。」をコンセプトに、大人可愛い雑貨を追求するブランドとしてトレンドのグレーやピンク、ミントなどのくすみカラーを取り入れたブランド。おすすめ商品はダイヤシリーズ食器、Flossyタオルシリーズとなっている。

2022年にリブランディングしたばかりの「THREEPPY」では、当初掲げた300円ではじまるハッピーな生活というテーマを受け継ぎ、新たにトレンドカラーを取り入れたインテリア、食器、ファッション雑貨など約2400品を取り扱い、約9割がオリジナル商品、今後全商品のオリジナル化を目指している。価格帯は300円(税込330円)が全体の8割、その他100円(税込110円)から1500円(税込1,650円)まで幅広く取り揃えている。

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧