流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





モスバーガー/新業態のチーズバーガー専門店、都心立地で展開

2022年11月28日 14:20 / 店舗

モスフードサービスは11月29日、東京都港区に、チーズバーガー専門店「mosh Grab’n Go」(モッシュグラブアンドゴー)をオープンする。

<こだわりのチーズバーガーを提供>
こだわりのチーズバーガー

モスバーガーでは出店困難な一等地を中心としたエリアにある狭小物件で対応可能な新業態を開発。新たな屋号のチーズバーガー専門店で、一等地にふさわしい店格の業態として確立を目指す。

キャッシュレスのセルフレジとモバイルオーダーを活用することにより店舗オペレーションを効率化しながらも、温かみのある接客サービスを提供するという。

店名の「mosh Grab’n Go」はコンサートなどでの観客の小躍りを表現するmosh に、Grab(つかむ)、Go(行く)を組み合わせたもの。

チーズバーガーを食べて小躍りしたくなるようなおいしさを感じてほしい、商品をもってアクティブに遊びに出掛けよう、という思いを込めた。

こだわりのチーズバーガーは、チェダー・ モッツアレラを使用した「#Burger01<2種のチーズ>」(税込み600円、Jr.450円)、エメンタール・ゴーダ・チェダー3種類のチーズと、ホワイトソースを混ぜ合わせた「#Burger02<ふわとろチーズ>」(800円、同650円)、チェダー・モッツアレラ・カマンベール・ゴルゴンゾーラ各種チーズをパティ上でふたをして溶かした「#Burger03<クワトロチーズ>」(900円、同750円)がそろう。

トッピングとして、はちみつ(100円)、トリュフ塩(100円)、ピクルス(200円)も提供し、チーズバーガーをカスタマイズできる。

また、ハンバーガーの土台となるバンズは、パンをこよなく愛するポーランド人の職人が監修。一つひとつ手作業で丁寧に作り上げた生地は、はちみつを使用しており、ほんのり甘く風味豊かな味わいと弾力のある食感に仕上げた。

ハンバーガーの要であるパティは、薄くスライスした肉を塩や砂糖、塩麹などを入れた調味液に漬け込み保水性を高め、肉のうま味を最大限にぎゅっと引き出したジューシーな味わいだという。

<スムージーも販売>
スムージー

さらに、チーズバーガーとのペアリングを考え、生のトマトやグリーンリーフ、小松菜、ケールなど豊富な野菜を含んだスムージー「グリーンスムージー」(550円)を用意した。

チーズバーガー専門店ならではのチーズケーキをモチーフにした、デザートスムージー「チーズケーキ スムージー」(600円)も販売する。

ポテト(250 円)はフライではなく、オーブンで焼きあげる。フライとはひと味違う、ほっくりした食感ながら、テークアウトによる経時変化を極力減らす。

新感覚ドリンクとして、牛乳に直接コーヒー粉を浸したミルクブリューアイスコーヒーを「ミルク de コーヒー」(400円)として提供する。

オープン当初(12月末までを予定)は、水にコーヒーフレーバーをつけたような新感覚の飲み物「コーヒーウオーター」泡付き(ドラフト)を無料で用意している。

■mosh Grab’n Go
所在地:東京都港区南麻布5-16-10
アクセス:東京メトロ広尾駅徒歩2分
営業時間:10時~22時(日祝は21時30分まで)
店舗面積:約117.09m2(1階約60m2、地下1階約57.09m2)
座席数:1階4席、地下1階16席

■モスバーガーの関連記事
モスバーガー/分身ロボット導入、リモート接客の実証実験

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧