小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

講談社/女性誌「ViVi」公式通販サイトで個人情報流出

講談社は6月22日、女性月刊誌「ViVi」の公式通販サイト「NET ViVi Coordinate Collection」のサーバーに対し、外部からの不正アクセスがあり、個人情報が流出したと発表した。

流出した個人情報は、現在明らかになっている範囲で、サイトでの注文履歴(注文後のキャンセルを含む)のある会員1万946人分を含む、注文情報1万5581件など。

現在のところ個人情報が悪用されたことによる被害の報告はない。注文履歴のない人、サイト閲覧のみをした人の個人情報は流出していないという。

対象となる個人情報は、2015年8月22日午後3時から2016年4月18日午後4時38分に、同サイトで注文をした会員1万946人。

注文者の氏名、住所、メールアドレス(PC/携帯)、電話番号、コメント、管理者コメント。そのほか、配送先の氏名、住所、電話番号、注文金額、送状番号。

クレジットカード決済は、別の会社に委託しているためクレジットカード情報は流出していない。

NET ViVi Coordinate Collectionは、2015年8月22日からウェアハートと共同運営している。

2016年6月7日に、ウェアハートが商品が未出荷にも関わらず決済完了となっているケースに気づき調査したところ、外部の不審なIPアドレスからのアクセスがあったことが判明した。

4月18日の2度の不正アクセスにより個人情報が流出したと6月20日に判明したという。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧