メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

神戸物産/中期経営計画を策定、2020年10月期売上高2850億円に

2017年01月25日経営

神戸物産は1月25日、中期経営計画を発表した。

数値目標は2020年10月期で、売上高2850億円、営業利益150億円、自己資本比率20.0%以上を目指す。

2016年10月期の実績は、売上高2392億円、営業利益118億円、自己資本比率12.4%だった。

国内業務スーパーの店舗数を2016年10月末の747店から850店へ増加させる。業務スーパー事業の部門売上高を2016年10月期の2055億円から2450億円へ増加させる。

神戸クック事業の外食・中食店舗を2016年10月末時点の28店から40店へ増加させる。

食品工場のM&Aを推し進め、国内自社工場によるPB商品の増強を図る。

PB商品の開発を強化し、2016年10月期で560億円の取扱高を、2020年10月期で750億円に高める。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年09月23日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方