小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ミスタードーナツ/他社企業との共同開発商品「misdo meets」を開始

ダスキンは4月6日、2017年度の商品開発テーマを「misdo meets」とし、他社との共同開発商品を定期的に投入すると発表した。

<2017年度の商品開発>

同日、都内で新商品発表会を開催した。専務取締役でミスタードーナツ事業本部担当の宮島賢一氏は「これまで、他社が監修する商品はあったが、他社が提供する素材やレシピも活用して商品開発するのは初めての取り組みとなる。最高水準の素材と技術をもった企業との共同開発商品で、お客に新たな価値との出会いを提案する」と語る。

ブランドスローガンである「いいことあるぞ Mister Donut」を再定義し、具体的な「いいこと」として、行ってみたくなる「新しい価値」の提供を目指した。

<共同開発商品の展開>

新しい価値を提供する施策として、「misdo meets」をテーマに、さまざまな企業とのコラボレーション商品を提案する。

第1弾として4月7日から5月中旬まで、京都の宇治茶専門店「祇園辻利」との共同開発商品「祇園辻利 抹茶スイーツプレミアム」を販売する。

<祇園辻利とのコラボドリンク>

抹茶オレ(税込302円)、抹茶オレ投入ホイップ(356円)のほか、ドーナツでは、わらびもち抹茶(183円)、白玉抹茶(183円)、あずき抹茶ホイップ(162円)、抹茶投入ホイップ(162円)、ポン・デ・プレミアム抹茶(140円)、プレミアム抹茶ファッション(140円)を販売する。

<祇園辻利とのコラボドーナツ>

国内の抹茶生産量は限られているため、今回約6トンのお茶を確保した。1日あたり150個のドーナツを販売すると販売予定期間までに終了する見込み。

ただ、テスト販売が好調であったため、販売期間前に終了する恐れがあるため、1日あたりの販売数量を限定してでも、5月中旬まで販売を継続したいという。

<ソラノイロとのコラボ商品>

第2弾は、4月26日から8月下旬まで、ラーメン店「ソラノイロ」と共同開発したベジ涼風麺(572円)、トマト豆乳ベジ涼風麺(464円)を販売する。

<ハウス食品とのコラボ商品>

第3弾は、6月下旬からハウス食品と共同開発した「世界のカレードーナツ(仮称)」3種類を販売する予定だ。

下期も継続して、misdo meetsを実施する予定で、現在、素材やメニューを持つ国内外の企業とコラボレーション商品を検討しているという。

宮島専務は「定番商品の中には発売から45年経った商品もあり、それがこのまま続くことは限界がきていると思う。いまの粉や設備ではチャレンジできないドーナツもあるが、粉や機械を変えてでも、これから30年、40年とお客に支持される商品に挑戦する必要がある」と語る。

1店のショーケースには約40トレー前後が陳列できる仕組みとなっており、今回のコラボ商品の動向も踏まえて、定番商品の改廃も行っていく計画だ。

<商品発表会>

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧