小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ベイシア/前橋プロセスセンターが「群馬県食品自主衛生管理認証」取得

ベイシアは10月26日、惣菜製造・食肉販売・同製品製造工場である前橋プロセスセンターが、2017年8月に「群馬県食品自主衛生管理認証」を取得した、と発表した。

<群馬県食品自主衛生管理認証>
群馬県食品自主衛生管理認証

これにより、前橋プロセスセンターが「食の安全・安心の確保」に向けて自主的に行っている衛生管理の取り組みについて、群馬県の衛生基準を満たしていることが認められたという。

「群馬県食品自主衛生管理認証制度」は、食品の安全性確保について第一義的責任を有する食品事業者のHACCP(ハサップ)の考え方に基づく自主的な衛生管理を推進し、衛生水準の向上を図ることにより食品衛生上の危害の発生を防止することを目的とした、群馬県による食品の安全性確保のための新しい制度。

第三者機関の審査を経て、衛生基準を満たしていると認可された事業所にのみ、「群馬県食品自主衛生管理認証」が付与される。

HACCP(ハサップ)は、Hazard Analysis and Critical Control Pointの略称で、食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生するおそれのある微生物汚染等の危害をあらかじめ分析し、その結果に基づいて製造工程のどの段階でどのような対策を講じればより安全な製品を得ることができるかという重要管理点を定め、これを連続的に監視することにより製品の安全を確保する衛生管理の手法。

国連の国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)の合同機関である食品規格(コーデックス)委員会から発表され、各国にその採用が推奨されている国際的に認められた衛生管理手法。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧