小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

春闘(小売)/ヤオコー、富士薬品、マツキヨが妥結

経営/2019年03月13日

UAゼンセンが3月13日に発表した中闘争速報によると、全ヤオコー労働組合、富士薬品ユニオン、マツモトキヨシ労働組合が、春闘で妥結した。

ヤオコーは正社員を対象に1人平均で8624円(2.92%)の賃上げを実施。内訳は賃金体系維持原資5598円(1.90%)、賃金引上げ分3026円(1.03%)。

賃金引上げ分の内訳は、ベースアップ977円(0.33%)、手当改定2049円(0.69%)だった。

ドラッグストア「セイムス」などを展開する富士薬品は、正社員を対象に1人平均で8645円(2.92%)の賃上げを実施する。

マツモトキヨシは、正社員1人平均で8500円(2.61%)の賃上げを実施。内訳は、賃金体系維持原資3311円(1.02%)、賃金引き上げ分5189円(1.59%)。賃金引き上げ分は手当改定だった。

また、パートタイマー時給は43円(3.76%)の引き上げを行う。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧