小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

春闘(外食)/ゼンショー、餃子の王将、トリドールが妥結

春闘の最初の集中回答日となる3月13日、外食関連企業でも春季労使交渉について妥結状況が発表された。

ゼンショーホールディングスは、正社員の月例給を1人平均で7200円(2.2%)引き上げた。内訳は定期昇給5900円(1.8%)、ベースアップ1300円(0.4%)。対象は1058人で平均年齢は33.9歳。

王将フードサービスは、UAゼンセン餃子の王将ユニオンと妥結し、嘱託、パートタイマーを除く全社員を対象に、給与を引き上げた。

要求内容は1人あたり、定期昇給7000円、賃金制度改定分2500円、合計9500円だったが、実績は定期昇給7634円(2.57%)、賃金制度改定分5043円(1.70%)、合計1万2677円(4.27%)で、要求内容を上回る内容で妥結した。

2014年度から3期連続のベースアップで、今年度はさらなる従業員のモチベーションの向上のため、組合の要求に対して増額回答したという。

また、UAゼンセンが同日発表した中闘速報によると、トリドール労働組合は正社員を対象に1人平均9294円(3.81%)の賃上げで妥結した。

内訳は賃金体系維持原資5716円(2.34%)、賃金引き上げ分3578円(1.47%)。賃金引上げ分の内訳はベースアップのみ。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧