メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

A.T.カーニー/新たなコンビニのあり方検討会の関灘委員が日本代表に

2020年01月15日経営

経営コンサルティング会社A.T. カーニーは1月1日付で、同社代表取締役マネージングディレクタージャパン(日本代表)に関灘茂パートナーが就任したと発表した。

<新・日本代表の関灘氏>
新・日本代表の関灘氏

関灘氏は、消費財・小売・メディア・サービス・金融・不動産分野を中心に30社以上のクライアント企業と共に、新規事業創造、既存事業変革(デジタル・トランスフォーメーション)、マーケティング・イノベーション、組織文化・行動改革、M&A・PMIなどを経営テーマに100以上のプロジェクトを推進してきた。

経済産業省が設置した「新たなコンビニのあり方検討会」の委員も務めている。

前任の岸田雅裕氏は、2014年1月1日の就任以来、日本代表を務めてきたが、2020年1月1日以降は、A.T. カーニー パートナーとして、自動車・消費財・小売・M&Aのクライアントワークを担当するほか、A.T. カーニーグローバル取締役として引き続きA.T. カーニー グローバル全体の戦略策定と執行を監督する。

A.T. カーニーは、「The most admired firm(最も評価され信頼されるコンサルティングファーム)」になるべく、CEOアジェンダを幅広く支援し、クライアント企業との事業創造と変革、グローバル・日本の社会課題の解決を通じて、より良い未来を形作ることを目指している。

新たに関灘氏を中心に、クライアント企業と社会の発展への志を共有する社内外の才能あふれる「尖った個」からなるベストチームにて鋭意努力するという。

関灘氏は1981年生まれで、兵庫県神戸市出身。大学卒業後、A.T. カーニーに入社。2014年、同社最年少でパートナーに昇進した。INSEAD(欧州経営大学院)でMAPを修了した。

消費財・小売プラクティス、デジタルトランスフォーメーションプラクティスの日本におけるリーダー。グローバル戦略、イノベーション、マーケティング改革、デジタル・トランスフォーメーション、思考法、人材などに関するテーマで主要ビジネス誌への寄稿や主要セミナー、大学での講演が多数ある。

■現在の主な活動
経済産業省 「新たなコンビニのあり方検討会」委員
グロービス経営大学院 専任教授(マーケティング、イノベイティブ・ストラテジー担当)
K.I.T.虎ノ門大学院 客員教授(マーケティング、戦略プロジェクトマネジメント担当)
大学院大学至善館 特任准教授(マーケティングとイノベーション – 市場創造への挑戦 – 担当)
リーダーシップ教育・社会啓発を目的とした特定非営利活動法人ISLのリーダーシッププログラム・次世代経営者ゼミ ファカルティ

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月23日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方