メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

マクドナルド/新型ウイルス防止「店内飲食」13都道府県1910店で中止

2020年04月20日経営

日本マクドナルドは4月19日、新型コロナウイルス感染の拡大を抑制するため、4月20日午前5時より、政府の「特定警戒都道府県」対象地域である13都道府県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、兵庫県、福岡県、北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府)の全店舗で、店内客席の利用を終日中止すると発表した。

これまでも東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県、愛知県、京都府、岐阜県の店舗において、20時~翌朝5時までの「店内客席利用中止」、「閉店」を実施してきた。

今回、さらなる安全強化と新型コロナウイルス感染拡大抑止のため、「店内客席利用中止」の対象地域や対象時間帯を拡大する。

4月20日午前5時~ 5月6日24時、13都道府県約1910店で店内での飲食を中止し、持ち帰り、ドライブスルー・デリバリー(店舗によって異なる)のみでの提供となる。

■概要
対象期間:4月20日午前5時~ 5月6日24時(予定)
※準備が整った店舗より順次開始。
対象店舗:
政府の「特定警戒都道府県」対象地域13都道府県の全店舗(臨時休業中の一部店舗を除く)
<内訳>
東京都:約350店舗、神奈川県:約230店舗、千葉県:約160店舗、埼玉県:約180店舗、大阪府:約240店舗、兵庫県:約150店舗、福岡県:約90店舗、北海道:約90店舗、茨城県:約80店舗、石川県:約30店舗、岐阜県:約40店舗、愛知県:約190店舗、京都府:約80店舗 (計約1910店舗)
対象時間帯:全営業時間中(営業時間は店舗によって異なる)

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方