小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

マルエツ/横浜「朝日町店」従業員が新型ウイルス感染

経営/2020年05月01日

マルエツは4月30日、「朝日町店」(横浜市鶴見区)で、惣菜製造業務に従事するパート従業員1人が、新型コロナウイルスの感染検査で「陽性」であることが確認されたと発表した。

顧客・従業員の安全と安心を最優先に考え、朝日町店は同日20時19分より臨時休業した。今後、所轄保健所の指示・指導に従い対応する。

■経緯
4月13日(月)発熱
4月14日(火)ウイルス検査を実施し陰性、入院していた医療機関からの依頼で改めてウイルス検査を実施。
4月30日(木)新型コロナウイルスの感染が「陽性」であると確認された。

■直近2週間3日間の勤務状況
4月25日(土)8時~16時 体調異常なし(平熱)
4月26日(日)8時~16時 体調異常なし(平熱)
4月28日(火)8時~16時 体調異常なし(平熱)(最終出勤日)
総菜売場での商品製造、品出しなどを行っており、勤務中はマスクを着用していた。医療機関の依頼による4月29日のウイルス検査実施以降の勤務はなかったという。

営業再開は、改めてホームページ、チラシ、アプリ、店頭で告知する。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧