小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ファンケル/中国で販売代理店による健康食品事業を展開

ファンケルは5月16日、中国医薬集団総公司の子会社である中国国際医薬衛生公司(以下、国薬国際)と、中国におけるファンケルブランドの健康食品の販売代理店契約を締結する、と発表した。

中国の保健食品市場・予防医療領域においてファンケルブランドの確固たるポジションの確立に向け、中長期的視点で相互に協力し合いファンケル健康食品事業を推進する。

同社は国薬国際に対して、中国におけるファンケルブランドの健康食品の独占販売権を付与して、中国で販売可能な健康食品を開発し供給する。国薬国際は、同社製品の保健食品の許認可を早期に取得するため、これまでの専門的な知見を活かすとともに、国薬国際が保有する医療、健康関連のリソースを活用してパーソナルで付加価値の高い健康管理サービスを提供し、ファンケルブランドの価値向上と売上拡大を目指す。

現在、両社で販売戦略の検討を進めており、ECや店舗などの小売事業に加え、予防医療事業の展開、BtoBビジネスとして健康増進サービスの展開を検討している。

事業を開始するにあたり、製品開発、CFDA(国家食品薬品監督管理総局)の販売認可の取得に相応の時間を要するため、今回の販売代理店契約による事業展開の同社グループへの業績寄与は早くても2020年3月期以降になる見込み。

■国薬国際の概要
所在地:中国北京市朝陽区惠新東街4号
総経理:李粲
事業内容:食品と医薬原料の輸出入、国際医療技術の提供、公立病院の改革・運営、免税店事業
資本金:約340億円

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧