メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

セブンイレブン/プラスチック資源循環促進法対応でカトラリー刷新

2022年02月21日経営

関連キーワード:

セブンーイレブン・ジャパンは4月1日から順次、植物由来(バイオマス)の素材を30%配合したスプーンやフォークなど環境配慮型カトラリーを全国のセブンーイレブンに導入する。

<環境配慮型カトラリー>
環境配慮型カトラリー

4月から施行する「プラスチック資源循環促進法」へ対応する一環。これまで、不要なスプーンやフォーク等のカトラリーの配布抑制として、店舗での声がけを実施するとともに、沖縄県内の全店舗(112店:1月末現在)では、先行して植物由来(バイオマス)素材を30%配合したカトラリーを導入している。

今回の法律施行に基づき、お客に対しカトラリー類の要・不要の意思確認をより強化するとともに、沖縄県で導入している植物由来(バイオマス)の素材を配合したカトラリーを全国の店舗に拡大することで、石油由来のプラスチック30%削減を目指し、CO2削減にもつなげる。

4月1日から首都圏の約500店舗で導入を開始し、今夏までに全国へ拡大する予定だ。カトラリー類に限らずプラスチック対策として、新たな素材の検討のほか、お客、加盟店の理解と協力のもと、更なる石油由来のプラスチック製品の削減に取り組むという。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年07月03日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方