流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





イトーヨーカドー/9月末まで空調調整、照明の一部消灯で電力需給ひっ迫対応

2022年06月30日 16:20 / 経営

イトーヨーカ堂は9月30日まで全国のイトーヨーカドー129店舗(2022年5月末現在)にて、夏の電力需給逼迫(ひっぱく)への対応として、順次実施してきた店内照明の明るさや店内空調の調整の実施に加え、売り場照明の一部消灯などを実施する。

<照明の明るさを調節して節電>
照明の明るさを調節して節電

店内空調は冷房設定温度28度を推奨(店舗ごとに調整)。塔屋は現状の閉店1時間前消灯を継続する。

店内では、フロア照度を通常時より約2割~3割低下させた。

間接照明のスポットの間引きを拡大し(最大50%消灯)、グロサリー・デーリー・青果・総菜売り場の什器照明を一部消灯している。

また、消費電力の削減対応に関し、顧客へ協力を呼びかけることを目的に、電力ひっ迫注意報・警報発令に合わせた媒体を店頭・売り場へ掲出する。

<ポスターなどで顧客へ協力を呼びかけている>
ポスターなどで顧客へ協力を呼びかけている

さらに、売り場内においても節電につながる商品や暮らしの提案を約60店舗で実施している。

<節電につながる商品や暮らしを提案>
節電につながる商品や暮らしを提案

画像ギャラリー

関連記事

関連カテゴリー

経営 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧