小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ソフトバンク/東京電力とのセット割引プランを発表

ソフトバンクは1月12日、電力小売り全面自由化に伴い、「あんしん・あんぜん・おとく」に役立つ新たな価値を創出する電力サービス「ソフトバンクでんき」を4月1日から提供すると発表した。

東京電力との業務提携により、「スタンダード(S/L/X)」「バリュープラン」「プレミアムプラン」の3種類のプランを4月1日より東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリアのお客からサービスの提供を開始し、順次全国へ拡大する。

「ソフトバンクでんき」は1月28日から、SoftBankが提供する「おうち割」の対象サービスで、ソフトバンク携帯電話または「SoftBank光」などの固定通信サービスの利用客向けに提供する。

例えば、一戸建てに住む3人世帯で、これまで従量電灯B(40A)で月間の平均でんき使用量が392kWhの家庭が「ソフトバンクでんき」の「バリュープラン」に変えた場合、でんき料金の割引額、「おうち割」適用に伴う割引額、Tポイント付与数の合計で年間約8920円相当おトクになる。

「おうち割光セット」と併せて加入する、年間約8万920円相当おトクになるという。

特典として、「水のトラブル」「カギのトラブル」「ガラスのトラブル」の発生時に、出張料・作業料無料でかけつける「おうちレスキュー」を提供する。

利用料金はSoftBankが提供する通信サービスと合算支払いが可能となる。東京電力との提携を通じて提供するプランでは、支払ったでんき料金に応じてTポイントを1000円につき5ポイント付与する。

■ソフトバンクでんき
http://www.softbank.jp/energy/special/denki/

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧