小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

銀座六丁目10地区市街地再開発/建物を上棟、2017年4月に商業施設開業

銀座六丁目10地区市街地再開発組合が東京・銀座で、推進する「銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業」が、5月11日に上棟した。

<4月25日時点でのプロジェクトの進捗状況>
4月25日時点でのプロジェクトの進捗状況

2017年1月末の建物竣工を目指し、事業を推進する。オフィスは2017年2月1日引き渡し開始、商業施設および文化・交流施設「観世能楽堂」の開業は2017年4月を予定する。

<完成イメージ>
完成イメージ

東京都中央区銀座にある「松坂屋銀座店」跡地を含む街区(銀座六丁目10番)と隣接する街区(銀座六丁目11番)の2つの街区で構成された約1.4haを一体的に整備する再開発事業。

<再開発エリア>
再開発エリア

東京を代表する国際的な商業・業務・観光拠点を目指し、約46,000m2の商業施設や、都内最大級の1フロア貸室面積約6,100m2の大規模なオフィス、文化・交流施設「観世能楽堂」などから構成された、銀座エリア最大級となる大規模複合施設を計画している。

屋上庭園や観光バス等の乗降スペース等による来街者を迎え入れる施設の導入、安全で快適な交通・歩行者ネットワークの強化・拡充、さらに、非常用発電設備や防災用備蓄倉庫等も整備し、地域に開かれた場所として、来街者の利便性と快適性を高めるとともに、災害時の地域全体の防災機能向上も図る。

事業の推進を通じて、日本を代表する銀座エリア全体のさらなる魅力と賑わいを創出するとともに、国内だけでなく、世界中の人々を惹きつける複合施設として、東京の国際競争力強化に貢献するという。

計画概要
地区名称:銀座六丁目10地区(東京都中央区)
事業手法:第一種市街地再開発事業
施行者:銀座六丁目10地区市街地再開発組合
組合員数:15名(2016年5月時点)
施設建築物概要:施行区域面積約1.4ha
用途:店舗、事務所、文化・交流施設、地域冷暖房施設、駐車場
敷地面積:約9,080m2
階数:地下6階、地上13階
建築物の高さ:約56m
延床面積:約147,900m2
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
公共施設等の整備:観光バス等の乗降スペースの整備
屋上庭園の整備、ほか

経緯・今後のスケジュール
2003年2月:銀座六丁目地区街づくり協議会を組織し、検討を開始
2010年4月:銀座六丁目地区市街地再開発準備組合設立
2011年12月:都市計画決定
2012年12月:銀座六丁目10地区市街地再開発組合設立、事業認可
2013年6月:権利変換計画認可
2013年7月:既存建物解体工事着手
2014年4月:本体建物工事着工
2017年1月末:本体建物竣工(予定)

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧