小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

サークルK・サンクス/バンクタイムATMで海外発行カードに対応

ファミリーマートは11月14日から順次、セロネットワークスの協力により、全国のサークルK・サンクス店舗約3700店に設置しているバンクタイムATMで、中国銀聯カード、台湾金融カードなど各種海外発行カードの取扱いを開始した。

「台湾金融カードの取扱いは、コンビニエンスストアのATMとしては、初の取り組み」(同社)。

ファミリーマートでは、全国の店舗に設置する新型イーネットATM約5900台、ゆうちょATM約500台において、海外発行カードでの日本円の引出しと残高照会に対応している。

レジでの決済方法の多様化に対応するため、全国のファミリーマート・サークルK・サンクスで、中国銀聯カード、ディスカバーカードなどの海外発行カードの取扱いも開始している。

今後もさまざまな取り組みを通じて、訪日外国人の利便性向上を図るという。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧