小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ザイマックス/大型家電量販店をホテルにリニューアル

ザイマックスは12月21日、大阪府泉南郡に、宿泊特化型ホテル「からくさスプリングホテル関西エアゲート」を開設した。

<からくさスプリングホテル関西エアゲート>
からくさスプリングホテル関西エアゲート

関西エアゲートは、従前は大型家電量販店(旧コジマNEWりんくう羽倉崎店)として利用されていたロードサイドの商業施設を、宿泊特化型ホテルにコンバージョンしたもの。

今回のコンバージョンでは、建築基準法と消防法上の「ホテル又は旅館」用途として必要な設備要件を、旅館業法上は「ホテル」用途に求められる設備要件を各々新築同等にクリアした建物に一新した。

ロードサイドに存する家電量販店のホテルコンバージョン案件としては珍しい取り組みとなった。

従前の建物は階高約7メートルの平屋建ての建物だったが、新たに構造体を設けて床を張ることで二階を増築し、従前建物の容積を効率的に消化した。

客室としての採光を確保するために設けた3か所の大きな吹き抜けにより、売場部分を快適な客室に変更することを可能とした。

改装後のエントランス部分は従前建物の階高を活かした大空間とし、ホテルの顔であるフロントや約160人が収容できるレストランを配置しており、エレベーターを3基新設するとともに、2階への移動をスムースにするためレストラン横にスロープも設けた。

客室総数139室、2~4人でご利用できる客室を82室用意するとともにコネクティングルームを多く取り入れることで、団体等複数名で利用される宿泊客にも喜ばれる客室構成とした。

室内は、今年の春にオフィスビルをコンバージョンして完成した「からくさホテル大阪心斎橋Ⅰ」や「からくさホテル京都Ⅰ」と同様に、インバウンド観光客にフォーカスした創りを採用した。

一部屋複数名の宿泊を想定し、シャワーとトイレが同時利用可能なように分離配置した。

合わせてバスタブの利用習慣がないためバスタブは設置せず、また大きなバゲージが収納できるベッド下スペースを確保するなど、客室面積の広さに転嫁する工夫を凝らした。

日本での情報収集が手軽に行えるよう高速WI‐FIやユニバーサルコンセントを設置するなど、これからの時代にあった室内設備とした。

建物は2016年10月25日に竣工し、2017年1月16日のソフトオープンに向けて準備を進めている。

オープン後のホテルの運営はザイマックスグループにて行うとともに、客室セールスについては中国の春秋航空を中軸とする春秋企業集団の日本法人である春秋投資日本(株)との提携により進めていく予定だ。

店舗概要
所在地:大阪府泉南郡田尻町嘉祥寺588
敷地面積:12,539.65m2
延床面積:新建物6222.61m2
旧建物4339.3m2
構造・規模:新建物:鉄骨造、地上2階
旧建物:鉄骨造、平屋建

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧