メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ビックカメラ/家電小売り業界初、ビットコインを2店舗で試験導入

2017年04月05日トピックス

ビックカメラは4月7日、日本最大の仮想通貨・ブロックチェーン企業であるbitFlyerのシステムを導入し、仮想通貨ビットコインによる決済サービスをビックカメラ有楽町店、ビックロ ビックカメラ新宿東口店で試験導入を開始する。

<ビットコインの案内>

ビックカメラは、日本国内だけではなく、世界各地で利用者が急増している仮想通貨「ビットコイン」 による決済サービスを、国内大手小売店として初めて試験導入する。

改正資金決済法の施行に伴い、 ビットコインは安全性が向上し、今後国内での普及が進むことが考えられ、ビットコインが先行して普及している海外からの観光客の利用も見込み、今回試験導入を決めた。

ビットコインは、インターネット上で取引や通貨発行が行われる「分散型仮想通貨」であり、全世界で 約2000万人(うち日本60万人) のユーザーが利用している仮想通貨。

■サービス概要
導入店舗:ビックカメラ有楽町店、ビックロ ビックカメラ新宿東口店
決済上限:1会計につき 10万円相当のビットコインまで
ポイント付与率:現金と同率のポイント還元

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月24日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方