小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

普段よく食べるめんの種類/第1位は「うどん」、第3位は

冷凍食品の製造・販売を手がけるキンレイは、10月10日の「冷凍めんの日」に合わせ、日本人のめんに対する意識やこだわりを解き明かすべく、第1回「国麺調査」を実施した。

<普段よく食べるめんの種類>
普段よく食べるめんの種類

「普段よく食べるめんの種類は」という質問をしたところ、「うどん」が42.3%で第1位になった。第2位は「ラーメン(35.6%)」で、以下「そば(8.9%)」「パスタ(7.6%)」と続いた。

<普段うどんを食べる場所>
普段うどんを食べる場所

「普段うどんを食べる場所はどこですか」という質問をしたところ、最も多い回答が「自宅」で71%、次いで「うどん店(26.3%)」という結果となり、自宅でうどんが圧倒的に多いことがわかった。

■調査概要
調査名:めんに関する調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2017年7月24日~30日
調査対象:monipla会員 男女2万1898名

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧