メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

日本冷凍食品協会/若年層で冷凍食品の利用増加=調査

2013年04月12日トピックス

日本冷凍食品協会は4月12日、「冷凍食品の利用状況実態調査」の結果を発表した。同調査は、冷凍食品の利用状況を明らかにするため、25歳以上の男女1250人を対象に3月1日~4日にかけて実施した。

これによると、女性で冷凍食品の利用頻度が「増えた」人は、25~34歳で35.2%となり、65歳以上の16.0%を大きく上回った。

男性で冷凍食品の利用頻度が「増えた」人は23.8%となり、2012年の14.0%から10ポイント増加。冷凍食品を購入する目的は、「自分で食べる夕食」としてが65.3%でもっとも多かった。

また、冷凍食品を購入する際、どこに魅力を感じているかを問う質問に対しては、「おいしい」ことに魅力を感じるとした女性が41.3%に上り、4年前(2009年8月)の結果である24.6%から20ポイント近くアップした。

男女とも、「おいしい」ことに魅力を感じるとした人は、若い年齢層ほど多い傾向がみられた。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月03日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方