メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

イオンモール/インドネシア「ジャカルタガーデンシティ」に行政機能

2020年11月16日海外

イオンモールインドネシアのインドネシア共和国2号店「イオンモール ジャカルタガーデンシティ」は11月17日、ジャカルタ特別州の行政機能であるSAMSAT(ワンストップ統合行政システム)をオープンする。

<設置するSAMSAT>
設置するSAMSAT

ワンストップ統合行政システムは、ジャカルタ特別州の住民が、車やバイクの車両登録や自動車税の納税など、さまざまな行政手続きを行うことができるもの。

インドネシアでは現在2600万台以上の車両、約1億2000台のバイクが登録されていると言われており、モールに施設を設置することで、地域のお客が、買い物ついでに行政手続きもできる環境を提供する。

また、SIM(運転免許更新センターに)についても、今後、「イオンモール ジャカルタガーデンシティ」へオープンする予定だ。

出店場所は地下1階で、施設面積は60m2。大規模社会制限(PSBB)期間中の受付時間は平日10時~14時で、土日祝は休業する。大規模社会制限(PSBB)終了後に営業時間は変更する予定だ。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月04日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方