小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

カルビー/「フルグラ」中国向け輸出強化、京都に新生産棟設立

カルビーは5月10日、「フルグラ」の国内外の需要拡大に対応し、京都工場内(京都府綾部市)に「フルグラ」の生産棟を増設する、と発表した。

<京都の新生産棟イメージ>

投資額は約70億円、2018年夏の稼働開始を予定している。主力の「800gフルグラ」を中心に生産する。新生産棟の年間総生産能力は約150億円、既存2工場と合わせ「フルグラ」の年間総生産能力は約530億円となる。

時短や減塩といったニーズから、グラノーラは第3の朝食として市場規模を拡大している。同社は現在稼働中の「フルグラ」の生産拠点清原工場(栃木県宇都宮市、年間総生産能力340億円)に加え、今年8月に開設する北海道工場(北海道千歳市、年間総生産能力40億円)に続く、第3の拠点として生産ラインを2ライン設置する。

同日行われた記者会見で松本晃会長は、「ここ数年、中国でフルグラの人気が高まっており、原発事故の関係で、中国では1都9県からの食品の輸入は認めていないが、カルビーからの正規の輸出ではない商品が、速いペースで売り上げを伸ばしているようだ。今年開設する北海道工場、来年稼働の京都工場では、主に中国向けに輸出するフルグラを生産する」。

また、「北海道、京都というのは観光でも人気で、中国人にとって大変イメージが良い。パッケージのデザインは北海道産、京都産であることをアピールするものを考えている。綾部市は舞鶴港にも近く、中国向け輸出について物流上のメリットもある。現在、フルグラの売り上げは300億円程度、2018年には国内外合わせて500億円規模を目指したい」と説明した。

フルグラ事業本部の藤原かおり本部長は、「今後フルグラを国内のみでも500億円規模のブランドに成長させるため、新規顧客獲得を目指し、お試しサイズ、個食用といった新サイズを提案する。リピーター向けにはニーズに合った味や健康機能を持つ商品開発、今後はスナック部門で培った地域・季節限定品などにも取り組みたい」としている。

<山崎善也綾部市市長、松本会長、山田啓二京都府知事、藤原本部長>

■京都工場「フルグラ」生産棟概要(既存の京都工場は「じゃがりこ」を生産)
住所:京都府綾部市とよさか町12
新建屋面積:9309m2(鉄骨造、地上3階建て)
着工:2017年9月

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧