メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

CCC、双日/マレーシアでフランチャイズ事業を展開する合弁会社設立

2022年01月05日海外

関連キーワード:

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と双日は1月5日、CCCが日本国内において展開する「蔦屋書店」「TSUTAYA BOOKSTORE(TBS)」のフランチャイズチェーンについて、マレーシアにおけるフランチャイズ事業を展開する合弁会社を設立したと発表した。合弁会社は、現地の新たな書店の形を創出することで、ライフスタイルの提案と文化の創造を目指す。

合弁会社は、現地加盟企業とフランチャイズ契約を結び、2021年12月に新オープンした商業施設「Pavilion Bukit Jalil」内に、ASEAN加盟国では初となる「蔦屋書店」として2022年春を目途に「ブキット・ジャリル 蔦屋書店」を開業する予定だ。

<ブキット・ジャリル 蔦屋書店のイメージ>
20220105tustaya 728x409 - CCC、双日/マレーシアでフランチャイズ事業を展開する合弁会社設立

「ブキット・ジャリル 蔦屋書店」は、「Cultivate Lifestyle&Culture(カルティベイト ライフスタイル&カルチュア)」をコンセプトにしたライフスタイル提案型の大型複合書店。大型の「BOOK&CAFE」を中核に据え、すべてのお客がインスパイアされる場を目指す。また、コンセプトであるCultivateには、「(品性・習慣などを)養う」や「(知己・交際を)深める」という意味があり、ゆっくりとくつろげる空間で、お客が集う「地域のコミュニティー拠点」を提供する。

マレーシアは、2021年時点での一人当たりGDPがASEAN加盟国の中で3番目に高く、2022年の実質GDP成長率は5.5%~6.5%(引用:2021年10月マレーシア財務省調べ)と予測されており、人口は約3,270万人となっている。また、マレーシアの消費者購買力は平均世帯所得と共に成長を続けている。若年層比率が高く、ライフスタイルに対して感度の高い人々が多く暮らすマレーシアは、今後の更なる成長が見込まれる国であることから、進出を決定した。

「蔦屋書店」が出店するBukit Jalil(ブキット・ジャリル)は、現地首都クアラルンプール南部に位置し、高速道路や電車が発達しているため、都心や空港へのアクセスも良く、人気の住宅地及び商業地として、急速に人口が増えているエリア。今なお開発が進んでいる一方、大学や公園等の教育機関や緑に囲まれたエリアでもあり、日本に例えると二子玉川のような地域となっている。「ブキット・ジャリル 蔦屋書店」は、20代~40代のニューファミリー層をメインターゲットとして、店舗設計や商品企画を進めている。

出店先となるのは、現地大手総合デベロッパーである、Kuala Lumpur Pavilion Sdn Bhd. (PAVILION)が管理する商業施設「Pavilion Bukit Jalil (パビリオン ブキット・ジャリル)」。PAVILIONは、マレーシアのショッピング激戦区であるブキット・ビンタンの中心部に位置し、数々の受賞歴に輝くワールドクラスの複合都市開発プロジェクトである「Pavilion Kuala Lumpur(パビリオン クアラルンプール)」の企画や運営を行っており、同商業施設は総売場面積約150,000m2、テナント数700以上、年間来客数は3000万人以上を記録している。

2021年12月3日に開業した「Pavilion Bukit Jalil」は、PAVILIONブランドにて開業する第2号店であり、総売場面積約167,225m2を誇る、マレーシア南部最大級となる地域に密着したライフスタイル提案型の複合商業施設だという。

合弁会社は、現地の第1号店となる「ブキット・ジャリル 蔦屋書店」の企画・運営に注力し、他ASEAN加盟国への出店拡大も視野に入れながら、現地における「蔦屋書店」「TBS」の出店を主力事業として推進する。さらに、今後は合弁会社独自のノウハウを生かし、商業施設の開発・リニューアル企画を実施、現地商業施設の価値向上を目指す。

■ブキット・ジャリル 蔦屋書店
出店地:Pavilion Bukit Jalil, No. 2, Persiaran Jalil 8, Bandar Bukit Jalil 57000 Kuala Lumpur
取扱商品:書籍、文具・雑貨、アート、カフェ
店舗面積:約2,650m2以上
開業予定:2022年春
※現段階の予定で、今後開業までに変更となる場合がある

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年01月18日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方