メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

アダストリア/3~11月は大幅な増益、主力ブランド好調

2016年01月02日決算

アダストリアが12月29日に発表した2016年2月期第3四半期の業績は、売上高1468億1400万円(前年同期比9.8%増)、営業利益143億4700万円(2.5倍)、経常利益146億6500万円(2.5倍)、当期利益79億6400万円(6.5倍)となった。

9月に子会社N9&PGの衣料品等企画製造に関する一切の事業をアダストリアに承継する吸収分割を実施した。

売上高は、主力ブランドの品質改善・販売力の向上やWEB事業の伸長し、ブランド別では「グローバルワーク」「ジーナシス」が高い伸びを示した。

店舗展開は、82店舗の出店(内、海外26店舗)、68店舗の退店(内、海外25店舗)し、グループの店舗数は1370店舗(内、海外107店舗)となった。

収益面は、円安による原価上昇の影響はあるものの、値下げロスが減少した結果、売上総利益率は58.6%(前年同期比0.8ポイント増)、販売費及び一般管理費は広告宣伝の最適化などのコストコントロールに注力し、販管費率は48.8%(前年同期比4.8ポイント減)となり、営業利益率は9.8%(前年同期比5.6ポイント増)と上昇した。

特別損益は、店舗の減損損失3億3100万円と関係会社株式売却損1億7300万円を特別損失に計上した。

通期は、売上高1980億円(7.3%増)、営業利益140億円(134.0%増)、営業利益143億円(121.6%増)、当期利益68億円を見込んでいる。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月31日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方