小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

バローHD/3月期は売上高5.7%増、営業利益11.2%増

バローホールディングスの2016年3月期決算は、売上高4974億6300万円(前年同期比5.7%増)、営業利益166億8300万円(11.2%増)、経常利益175億8600万円(9.2%増)、当期利益107億5900万円(16.8%増)となった。

SM事業の売上高は3292億6600万円(2.4%増)、営業利益は98億8700万円(1.3%増)となった。店舗数は、9店の新設と6店の閉店を行ったことから、期末店舗数はグループ計で266店だった。

ドラッグストア事業の売上高は951億5200万円(18.2%増)、営業利益は27億3600万円(39.5%増)となった。

過去最多の33店舗を新設し、3店舗を閉鎖したことから、期末店舗数は301店となった。出店は愛知県や岐阜県を中心とし、既存エリアのシェア向上を図った。

HC事業の売上高は486億2900万円(4.5%増)、営業利益は24億5000万円(21.8%増)となった。

2015年10月、岐阜県本巣郡北方町において、建築資材や園芸の品そろえを充実させた、約2500坪の「ホームセンターバロー北方店」を開設し、期末店舗数は37店となった。

来期は、売上高5200億円、営業利益184億円、経常利益194億円、当期利益115億円の見通し。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧