小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

吉野家HD/3~11月は売上高1.4%増、営業利益41.4%増

吉野家ホールディングスが1月11日に発表した2017年2月期第3四半期決算は、売上高1406億1600万円(前年同期比1.4%増)、営業利益12億100万円(41.4%増)、経常利益18億700万円(31.2%増)、当期利益16億8800万円(815.2%増)となった。

吉野家の売上高は730億1600万円(2.2%増)となった。4月に「豚丼」を復活販売し、5月には「吉呑み」の店舗を拡大したこと、10月には初めての大型コラボレーション企画として「スーパーフライデー」キャンペーンを実施した。

今まで利用機会のなかったお客が大勢、店舗を利用し、11月には冬の定番商品として、半日分の野菜が摂れる「牛すき鍋膳」とともに、地域限定メニューとして地域特性を活かした5種類の「ご当地鍋」を販売し好評だった。

はなまるの売上高は178億8600万円(12.0%増)となった。増収の主な要因は、積極的な出店に伴う店舗数の増加で、駅前や駅ナカなどへの新立地やショッピングセンター内への出店を引き続き進める。

アークミールの売上高は、170億6800万円(6.1%減)となった。京樽の売上高は189億1600万円(2.5%増)となった。

海外の売上高は、123億3900万円(6.9%減)となった。米国や中国においては、既存店売上高が好調に推移しているものの、円高の影響により減収となった。

通期は、売上高1930億円、営業利益34億円、経常利益38億円、当期利益19億円の見通し。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧