流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





三陽商会/1~3月は売上高7.9%減、営業損失2億5100万円

2017年04月28日 11:14 / 決算

三陽商会が4月28日に発表した2017年12月期第1四半期決算は、売上高175億2600万円(前年同期比7.9%減)、営業損失2億5100万円(前期は5億1800万円の営業損失)、経常損失3億900万円(5億6700万円の経常損失)、当期利益11億700万円(6.0%増)となった。

事業構造改革に伴うブランドの廃止などを行ったことにより、売上高が減少したが、在庫の削減を進めるなど、ほぼ計画どおりの業績となった。

投資有価証券売却益を特別利益に計上したことなどにより、当期利益を確保した。

通期は、売上高630億円、営業損失30億円、経常損失28億円、当期損失14億円の見通し。

関連記事

関連カテゴリー

決算 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧