メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ロイヤルHD/1~3月の外食事業は減収減益

2017年05月02日決算

ロイヤルホールディングスが5月1日に発表した2017年12月期第1四半期の業績は、売上高320億9000万円(前年同期比0.0%減)、営業利益9億7300万円(6.3%増)、経常利益9億7700万円(9.9%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益4億7500万円(8.7%増)となった。

セグメント別の外食事業は、売上高148億2800万円(2.3%減)、経常利益5億6600万円(8.0%減)。

出店による増収があったものの、既存店の減収や閉店による減収を補いきれず減収営業時間を短縮したロイヤルホスト事業が底堅く推移したが、その他の既存店の減益を補うまでには至らず減益となった。

通期は、売上高1335億円(0.4%増)、営業利益56億円(7.2%増)、経常利益56億円(7.6%増)、親会社株主に帰属する当期純利益29億円(22.0%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月25日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方