メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

東武/4~9月の流通業は1.0%減の941億円

2017年11月01日決算

東武鉄道が10月31日に発表した2018年3月期第2四半期決算によると、流通業の売上高は941億2300万円(前年同期比1.0%減)、営業利益5億4600万円(28.5%増)となった。

個人消費の伸び悩みなどにより減収だったが、経営の効率化による営業費用の低減により営業利益は伸びた。

子ども連れの家族をはじめとした新規顧客の獲得を目的に、東武百貨店では、池袋店において、人気幼児番組をテーマとした、親子で遊んで学べるキッズエデュテイメント施設「にこはぴきっず NHKキャラクターとあそぼう」をオープンさせた。

東武宇都宮百貨店では、宇都宮店において、最新のデジタルテクノロジーを活用して子どもが楽しむことのできるデジタルアート展「チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地」をはじめとした参加型イベントを開催した。

また、東武商事では、SL「大樹」オリジナルグッズを販売し、増収に努めた。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月29日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方