小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

いきなり!ステーキ/1~6月は117.6%増の234億円、店舗数284店に

ペッパーフードサービスが7月30日に発表した2018年12月期第2四半期決算によると、いきなり!ステーキ事業の売上高は234億7900万円(前年同期比117.6%増)、営業利益は22億9000万円(80.2%増)となった。

新規出店数は98店(うち海外5店)であり、いきなり!ステーキ事業全体の店舗数は284店となった。

<いきなり!ステーキの店舗>
いきなり!ステーキの店舗

いきなり!ステーキ事業は、映画タイアップ企画として、4月に「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」、6月に「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」のキャンペーンを実施し、それぞれ期間限定で東京、愛知、大阪の店舗で映画のキャラクターラッピング装飾を行い、いきなり!ステーキの紙エプロンをタイアップロゴ入りにした。

期間中はそれぞれのキャラクターグッズを抽選でプレゼントするスタンプラリーを実施した。

「肉マイレージ」の機能と仕組みを顧客管理システムとして特許取得し、その記念として、「いきなり!太っ腹キャンペーン」(6月11日~8月31日)を実施した。

ペッパーランチ事業の売上高は36億4000万円(8.6%増)、営業利益6億4300万円(3.9%増)となった。新規出店数は22店(うち海外16店)であり、ペッパーランチ事業全体の店舗数は455店となった。

海外におけるペッパーランチ事業では、新規出店に伴う機器等の売却、ロイヤリティ収入などの売上高は1億8000万円(18.1%増)となった。

ペッパーフードサービス全体の売上高は279億6700万円(81.5%増)、営業利益14億9100万円(24.1%増)、経常利益14億8000万円(23.0%増)、当期利益7億1500万円(4.7%増)だった。

通期は売上高629億3200万円(73.7%増)、営業利益40億3300万円(75.5%増)、経常利益40億3700万円(73.8%増)、当期利益25億1100万円(88.5%増)の見通し。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧