小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

資生堂/2015年12月期通期予想、上方修正

資生堂は1月29日、2015年12月期通期の連結業績予想の上方修正を発表した。

売上高は前回予想比30億円増の7630億円、営業利益が75億円増の375億円、経常利益は75億円増の375億円、純利益が100億円増の230億円を予想している。

売上高は、ブランドのイノベーション効果に加え、引き続きインバウンド需要を獲得した日本事業が好調であったことから、前回発表を上回る見込み。

利益については、営業利益、経常利益は売上増による差益増、中高価格帯の売上伸長によるプロダクトミックスの好転、日本・海外の全エリアで積極的にマーケティング投資をすると同時に費用を効率的に運用してきた。

また、コスト構造改革が計画を上回ったことなどから、前回発表を大きく上回るとみている。

純利益は、これらの理由に加え、未実現利益消去に係る税効果の影響などにより税金費用が好転したため、大幅に増加する見込み。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧