小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ハウス食品グループ本社/2016年3月期、純利益3.2倍

ハウス食品グループ本社が5月12日に発表した2016年3月期通期の連結決算は、売上高2418億9300万円(前期比4.5%増)、営業利益107億7500万円(24.0%増)、経常利益121億5200万円(10.9%増)、純利益226億3200万円(約3.2倍)となった。

売上面は、香辛・調味加工食品事業、健康食品事業の国内コア2事業が減収だったが、海外食品事業の伸長や昨年12月に壱番屋を連結子会社化した影響などにより、増収。

利益面では、各事業が収益力強化に向けた取組を進め、増益を計上した。

純利益は、壱番屋株式の追加取得に伴って発生した段階取得に係る差益を特別利益に計上したことなどから、前期を大きく上回った。

2017年3月期通期の連結決算は、売上高2890億円(前期比19.5%増)、営業利益102億円(5.3%減)、経常利益112億円(7.8%減)、純利益53億円(76.6%減)を予想している。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧