小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

カゴメ/1~6月、業績予想を上方修正

カゴメは7月26日、2016年12月通期と第2四半期の連結業績予想の修正を発表した。

第2四半期連結累計期間は、国内飲料事業において、機能性表示食品として発売したトマトジュースや、野菜生活 100 Peel&Herb、Smoothieといった新シリーズが計画を上回り、好調に推移。

中期重点課題として取り組んでいる「収益構造の改革」も、計画を上回る進捗であり、国内各事業の増益に貢献している。

海外事業においては、為替の影響により、円換算での収益へのマイナス影響はあるが、現地通貨ベースでの各個社の業績は概ね順調に推移しているため、2016年12月通期と第2四半期の連結業績予想を上方修正する。

第2四半期は、売上高が前回予想比13億円増の983億円、営業利益は29億円増の55億円、経常利益が27億円増の56億円、純利益は12億円増の32億円を見込んでいる。

通期は、売上高は予想を据え置き2000億円、営業利益が22億円増の92億円、経常利益は19億円増の94億円、純利益が4億円増の49億円を予想している。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧