小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

カゴメ/2016年12月期、営業利益62%増

カゴメが2月2日発表した2016年12月期通期の連結決算は、売上高2025億3400万円(前期比3.5%増)、営業利益109億4600万円(62.8%増)、経常利益113億1500万円(61.3%増)、純利益67億6400万円(96.6%増)となった。

売上高は、国内事業では、主力の飲料事業の販売が好調に推移したことなどにより増収。国際事業は、2015年5月末に連結子会社化したPreferred Brands International,Inc.社(以下、PBI社)が通期で寄与したことなどにより現地通貨建てでは増収であったものの、年初から為替相場が円高に推移した影響を受け、円換算後売上高は減収となった。

営業利益は、国内事業は、売上高の増加に加えて、原価低減や不採算商品の絞込み、販売促進費の効果的な活用など、収益構造の改革に取り組んだことなどにより、全事業で増益となった。国際事業は、グローバルトマト事業においてのれん償却費の負担が減少したこと、コンシューマー事業においてPBI社を連結子会社化したことによる純増に加えて、アジア地域における不採算事業の整理などにより増益だった。

2017年12月期通期は、売上高2100億円(前期比3.7%増)、営業利益115億円(5.1%増)、経常利益119億円(5.2%増)、純利益84億円(24.2%増)を予想している。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧