メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

千趣会/1~6月、巣ごもり需要一巡で減収も販促見直しで増益

2021年07月30日決算

関連キーワード:

千趣会が7月29日に発表した2021年12月期第2四半期決算によると、売上高379億500万円(前年同期比10.2%減)、営業利益4億7300万円(前期は5億6300万円の損失)、経常利益4億9900万円(前期は28億9800万円の損失)、親会社に帰属する当期利益4億7800万円(前期は30億円の損失)となった。

カタログとインターネットを中心とする通信販売事業の売上高は328億4200万円(前年同期比5.3%減)、営業利益は13億3100万円(前年同期比8.8%増)となった。

第2四半期連結累計期間においては、コロナ禍による通信販売利用の定着化は進んでいるものの、前年と比べて巣ごもりの特需は落ち着いてきた。

また、前年に実施した利用者を拡大する販売促進策よりも規模を縮小し、既存会員の継続利用を促進する施策を優先して実施した。このほか、継続的なオペレーション改革による売上総利益率の改善などで減収増益となった。

通期は、売上高760億円(8.7%減)、営業利益10億円、経常利益11億円、親会社に帰属する当期利益11億5000万円を見込んでいる。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年09月20日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方